【Windows7のサポート期間が終了】サポートが終わるとパソコンが使えなくなるのか?


いつもパソコンを使うときに、お世話になっているのが

基本OSソフト「Windows」

 

私たちが手軽にパソコンが使えているのは、Windowsがあるおかげ!

 

Windowsがないと、おそらくパソコンが一般に普及することはなかったのではないかと思います。

 

そんなWindowsのソフト

発売されている時期で、バージョンが違いますよね。

 

ちなみに、今発売されているのが

Windows10(2019年4月現在)

 

でも、Windows8や7といった、以前のバージョンのWindowsがインストールされているパソコンをお使いの方もいらっしゃると思います。

 

そこで、問題なのが…

Microsoft社のサポート

 

2020年1月14日に、Windows7のサポート期間が終了してしまうのをご存知でしょうか?

 

Windowsソフトは Microsoft社からのサポート期間に限りがある

今発売されているWindowsソフト(現在は、Windows10)は問題ないのですが…

 

Windowsの新しいバージョンが出ると、以前のバージョンのWindowsソフトは、一定期間が過ぎるとMicrosoft社からのサポートが終了してしまいます。

 

Windowsのサポート期間は、ソフトの発売から

  • 5年間(最低)のメインストリームサポート
  • 5年間(最低)の延長サポート

 

合計10年間(最低)のサポート期間が提供されます。

 

この期間を過ぎると、Microsoft社からのサポートが受けられなくなる。。

というワケです。

 

Windowsのサポート期間終了については、Microsoftさんのホームページでも注意喚起されています。

 

Microsoft社 Windowsのメインストリームサポートと延長サポートの違いは、以下の通り

  • メインストリームサポート:仕様変更・新機能のリクエスト、セキュリティ関連以外の修正プログラム、作成の新規リクエスト、無償サポート ライセンス(ライセンスプログラム
    および その他の無償サポートを含む)、セキュリティ更新プログラム サポート、有償サポート、インシデント サポート時間制サポート
  • 延長サポート:セキュリティ更新プログラム サポート、有償サポート、インシデント サポート時間制サポート

 

Microsoft社からのサポートが受けられなくなると 何が起きるのか?

では、Microsoft社からのサポートが終了すると、どうなるのでしょうか?

 

有償のサポートが受けられなくなる…というのもありますが、これで困る方はあまりいらっしゃらないと思います。

 

それ以上に問題なのが

  • セキュリティ更新プログラムが配信されなくなる

こと

 

Microsoft社からのサポートがなくなると、パソコンがセキュリティに対して無防備な状態になります。

 

なので

  • ウイルスの危険にさらされる
  • フィッシング詐欺にあう
  • 個人情報の漏洩の危険

がグンと高まってしまうのです。。

 

パソコンを使っていると

「Windowsを更新します」

と出てきて、作業が中断してしまった(>_<)

 

っていうご経験はありませんか?

 

「めんどくさいな~」

と思うあの作業も、ウイルスからパソコンを守るためには、とても重要なこと!

なのです。

 

最新のWindowsに移行しよう!

2020年1月14日には、サポートが終了してしまう「Windows7」

 

Windows7のパソコンを使っている人は、できるだけ余裕を持ってWindows10に移行しましょう。

 

Windows7パソコンは、発売されていた期間などを考えると、使い始めてから5年以上は経っているのではないでしょうか?

 

購入後5年を過ぎたパソコンは、部品の劣化などもあり、買い替え時期が近づいてきてると考えても不思議ではありません。

 

安全&快適にパソコンを使うためにも、Windows10への移行はお早めに☆

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック