ネットからダウンロード 保存先を変更して不要なデータが増えないようにしよう

パソコンを使っていると、気付かないうちに溜まってしまう「ダウンロード」フォルダ

「ダウンロード」のフォルダは、ネットからデータをダウンロードをする際、デフォルトの保存先に指定されてます。

なので、ネットからダウンロードするデータが多ければ多いほど、データの溜まるスピードが速い…

そのまま放置してると、それだけでハードディスクの容量を圧迫する、なんてことになりかねません。

しかも、ダウンロード先になっていることに気付かない場所でもあります。

なので

ダウンロードしたデータの保存先が変えられたらいいのに…

と思いませんか?

実は、ネットからダウンロードしたデータの保存先変更、変更することができるんです。

では、どのようにすればダウンロードデータの保存先を変更することができるんでしょうか。

ブラウザーからのダウンロード データの保存先を変更する方法

インターネットのブラウザーからダウンロードしたデータの保存先は、このように変更することができます。

各ブラウザー(Google Chrome、Microsoft Edge、Safari)の保存先の変更方法は、以下の通りです。

Google Chromeの場合

Google Chromeを開いたら、以下の順番で保存先を変更します。

  1. 右上の「…」を押す
  2. 「…」の項目の中にある「設定」を押す
  3. 設定画面を開いたら、左の「ダウンロード」を押す
  4. ダウンロード画面を開いたら、「変更」を押して保存先を選ぶ

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edgeを開いたら、以下の順番で保存先を変更します。

  1. 右上の「…」を押す
  2. 「…」の項目の中にある「設定」を押す
  3. 設定画面を開いたら、左の「ダウンロード」を押す
  4. ダウンロード画面を開いたら、その中にある「変更」を押して保存先を選ぶ

Safariの場合

Safariを開いたら、以下の順番で保存先を変更します。

  1. 左上の「Safari」を開く
  2. 「Safari」の項目の中にある「環境設定」を押す
  3. 「環境設定」の画面を開いたら、その中にある「一般」を押す
  4. さらにその中にある「ファイルのダウンロード先」を押して保存先を選ぶ

このようにすれば、ブラウザーからダウンロードした際の保存先を変更することができます。

変更する際の保存先は 保存用のフォルダを作ろう

そして、保存先を変更する際のポイント

変更する保存先は、既存であるフォルダではなく、保存専用で別にフォルダを作るのがおススメ!

パソコンを使う際に目に付きやすい場所に、専用フォルダを作りましょう。

デスクトップ等にフォルダを作ると、特にわかりやすいです

ネットからダウンロードしたデータも、保存先をわかりやすくして、パソコンを使いやすく、不要なデータは早めに削除しましょう。

ネットからのダウンロードだけでなく、保存先がわかると、パソコンのデータ管理がスムーズになります。


ご予約・お問い合わせ

当社にて受信後、3営業日以内に返信いたします(季節休業時除く)

お気軽にお問い合わせくださいませ