【クラウド徹底比較】目的に応じたクラウドを選ぼう!


  • パソコンのハードディスク
  • USBメモリなどの保存アイテム

に続く、第三のデータ保存先!

 

と言えるのが…

クラウドサービス

 

でも

クラウドってどれも同じなんじゃないの?

 

と思ってませんか?

 

クラウドサービスも、提供している会社によって少しずつ違うんです!

クラウドサービスの特徴を知って、クラウドを上手に使いこなしましょう^^

 

各社クラウドサービスと料金

主なクラウドサービスの内容は以下の通りです。(2018年7月現在)

 

Googleドライブ

Googleが提供しているクラウドサービス。

  • 15GBまで無料(写真はGoogleフォトを無料で利用できる)
  • それ以上は、100GB 月250円、1TB 月1,300円

無料でたくさん保存できるのが特徴。

Office文書などは、ダウンロードがうまくいかないことがあるかも!?という印象があります。

 

One Drive

Microsoftが提供しているクラウドサービス。

  • 5GBまで無料。
  • それ以上は、Microsoft Office 365を利用。(1TB 月1,274円+Microsoft Officeソフト)

Officeソフトのダウンロードがスムーズ。

Officeソフトをよく使う場合は、有料でクラウドを使うのもアリかなと思います。

 

iCloud

Appleが提供しているクラウドサービス。

  • 5GBまで無料。
  • それ以上は、50GB 月130円、200GB 月400円、2TB 月1,300円

iPhone・iPadでの写真などの保存に相性抜群!

pagesなどのAppleが提供しているソフトを使うことが多い人にもおススメです。

 

Dropbox

Dropbox社が提供しているクラウドサービス。

  • 2GBまで無料。
  • それ以上は、1TB 月1,000円

Googleドライブ・One Drive・iCloudのように、提供している会社のクラウド以外のサービスと紐づけされません。

クラウド単独で使いたい人におススメです。

 

Evernote

上記4つのクラウドサービスとはちょっと違い、TO DOやリマインダー管理に優れたクラウドサービスです。

  • 月60MBまでのデータアップデートが無料。
  • 月1GBまでのデータアップデート 月360円(メール転送などの機能追加)
  • 月10GBまでのまでのデータアップデート 月600円(さらに名刺スキャン・Office文書のPDF検索などの機能追加)

 

どのクラウドサービスを選ぶか?

では、どのクラウドサービスにするのか?

正直迷いますよね^^;

 

各社クラウドサービスには、それぞれ特徴があります。

 

その特徴を活かしながら、こんな基準で選ぶのがGood!

  • 使うクラウドの容量
  • どんなデータを保存するのか

といった感じ♪

 

なので、使うクラウドを一つに絞る必要はありません。

 

例えば、

  • Office文書は、OneDrive
  • iPhoneの写真は、iCloud
  • TO DOリストは、Evernote

と分散するのもアリなんです(^^)v

 

大事なのは

  • 使う目的をはっきりさせること

 

そうすると、どのクラウドに保存するかが決まってきます。

 

データの保存先は2つ以上にしよう

クラウドサービスは、パソコンのハードディスクやUSBメモリなどに保存しているデータが

 

万が一

「消えてしまった!」

「壊れてしまった!!」

 

というときのお助けツールになること間違いなし!!

なのですが…

 

保存先をクラウドのみにするのも危険!

 

  • 誤ってクラウドのデータを消してしまう
  • もしかすると、クラウドサービスの提供が終わるかも!?

 

なんてリスクに備えて、クラウド以外にも保存するようにしましょう!

保存先は最低でも2か所以上

 

  • ハードディスク
  • USBメモリ
  • クラウド

といった感じで、3か所くらい保存しておくと安心です♪

 

今やクラウドは、第三の保存場所!

使う目的を整理しながら活用してみてくださいね^^

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック