家電製品「経年劣化」で壊れてなくても壊れてる!?


お家で使っている家電製品

 

「あると便利だな~」と思うモノから

「これがないと困る!!」というモノまで

 

なくなると、暮らしが成り立たなくなる…(-_-)

 

というくらい、毎日の暮らしには欠かせないものになっています。

 

この家電製品

目に見える形で壊れる場合もあるのですが…

 

故障してる症状はないけれど、実は壊れている!!

そんな場合があるのをご存知ですか?

 

では、買ってからどれくらい経つと、症状がなくても壊れてる可能性が出てくるのでしょうか?

 

見た目には壊れてないようでも…

買ってから年数が経っている家電製品

一見すると壊れていなくても、中の部品が消耗すること

 

それが…

「経年劣化」

 

実は、目に見えない形で壊れていることがあるのです。

それって怖いですよね…(>_<)

 

これが原因で、発火などの事故が問題視されるようになりました。

 

経年劣化による事故が増えたことがきっかけで、消費生活用製品安全法が改正

 

今では、重大事故件数が一定以上のものには

  • 製造年(改正前より表示)
  • 設計上の使用年数

が表示されています。

 

表示されている製品は、以下の品目です。

  • 扇風機
  • 換気扇
  • エアコン
  • 洗濯機
  • ブラウン管テレビ
DSCF7426

こんな感じで表示されています。

 

詳しい内容は、経済産業省のホームページに掲載されています。

→ 経済産業省ホームページ「消費生活用製品安全法改正について」

 

この表示があると、設計上の標準使用期間が過ぎたら

「そろそろ買い替えどきかな~」

という目安になります^^

 

家電製品の平均寿命は?

上記以外の家電製品には使用期間の表示はされていませんが

今の家電製品の寿命は 平均7~8年

 

どの家電製品にも製造年が記載されているので、買ってからどれくらい経つのかがわかるようになっています。

 

もし7~8年以上たってたら、それは買い替えのサイン

 

見た目が壊れていなくても、新しいモノを買う準備をしておくと…

 

急に

「買い替えなきゃ!!」

 

と慌てなくて済むようになりますよ!

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック