データの保存媒体をどれにするか?その基準を決めよう!


パソコンやスマホを使っていると、気付かないうちにどんどん増えていくのが

 

パソコン・スマホに保存している

「ファイル」「データ」

 

そして、データを保存する場所も、今は種類がたくさんあって

 

「あのデータどこに行ったっけ?」

「どこにデータを保存すればいいんだろう??」

と、保存場所に困ることもしばしば…

 

では、パソコンやスマホに溜まっていくデータの保存場所、どのように決めればいいのでしょうか?

 

データの保存ができる記憶媒体(ディスク・メディア)

デジタルデータを保存できるディスクやメディア

挙げてみると…

 

よく使われるディスク

  • PCのHDD・外付けHDD・スマホのメモリ等 ハードディスクドライブ
  • CD・DVD・ブルーレイ等 光ディスク
  • USBメモリ・SSD・SDカード等 フラッシュメモリ
  • クラウド等 オンラインストレージ

 

今はあまり使わないディスク

  • フロッピーディスク
  • MOディスク

 

使用頻度は低いけど こんなディスクもあります

  • 長期保存用光ディスク(M-DISC・LTO)
  • 磁気テープ

 

ざっと挙げるだけでこんなにも!

本当に多くの種類が出ています。

 

そしてこれだけあると、どのメディアに保存すべきか?

迷うところでもあります。

 

データを保存する場所 基準と優先順位を決めよう

データを保存する場所が多くなり過ぎると

 

  • どこにどのデータがあるかがわからなくなる=データの検索時間の無駄
  • 同じデータを複数保存する=保存先のデータ容量の無駄

 

多くの無駄につながる原因に…

そこで、保存する場所の基準と優先順位を、次のような形で決めてみましょう。

 

例えば、こんな感じ。

使用頻度

  1. パソコンのハードディスク
  2. クラウド
  3. USBメモリ

 

記憶媒体(ディスク)の容量

  1. 外付けハードディスク
  2. パソコンのハードディスク
  3. USBメモリ

 

 

そして、ココでのポイントは

  • どこを基準にデータを保存するか

を決めること

 

データの保存をする「基準」となる場所が決まっていれば、保存するときの重複の無駄や、データを呼び出すときの検索時間の無駄が少なくなります。

 

データ保存は バックアップを含めて必ず2つ以上の記憶媒体に

データを保存する場所が決まったら、決まった場所を基準に保存していきましょう。

 

そして、データの保存は、バックアップを忘れずに!

データのバックアップを定期的に取るようにしましょう。

 

ちなみにバックアップとは、複製保存のこと

保存しておきたいデータと同じものを、別の記憶メディアに保存しておくことです。

 

【例】

メイン:パソコンのハードディスク

バックアップ:外付けハードディスク

 

なぜ、バックアップを取っておく方がいいか?

については、こちらの記事を参考にしてください ↓↓

データ化した書類 保存先は一つでいいの?

 

パソコンやスマホのデータも保存場所が決まっていれば、データ探しに時間がかかったり、データ容量の無駄が減ってきます!

保存場所の基準を決めて、データの探しやすいデジタル環境にしましょう。

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ・ご質問につきましては「お問い合わせ」バナーのリンクよりご連絡ください。