動きが遅い原因!?データ整理でパソコンをサクサク動かす方法

最近、どうもパソコンの動きが遅い…

 

っていうことありませんか?

 

パソコンの動きが遅いのは、

  • パソコンが古いから
  • ハードディスクに保存してる量が多過ぎる
  • ウイルス

 

など、何かしらの原因があるから

なのですが…

 

いろいろやってみたけど、結局動きが遅くなった原因が見つからない

 

っていうこともありますよね(-_-)

 

でも!

ちょっとお忘れではないですか?

 

画面を見ただけで

「動きを遅くしている」原因を!!

 

これがパソコンの動きを遅くしている原因かも!?

しれないんです。

 

デスクトップに保存するファイルの量に注意!

画面を見るだけで、パソコンの動きを遅くしてる原因がわかるってどういうこと?

 

と思いませんか?

 

パソコンの動きを遅くしている原因の一つは、ズバリ!

これです!!

デスクトップに保存するショートカットやファイルなどの量の多さ

 

この量が多過ぎると、これが原因でパソコンの動きの動きを遅くしている

っていうことがあるんです!

 

なぜそうなるのか?

というと…

デスクトップにファイルを保存

パソコンが動くと、常にデスクトップにアクセス

デスクトップに保存しているファイルが多いほど、アクセスに時間がかかる

その結果、パソコンの動きが遅くなる

 

といった感じで、知らず知らずのうちにパソコンの動きを遅くしているかも!?

しれないんです。

 

デスクトップにフォルダを作って データを保管しよう

パソコンの動きを少しでも早くするためには、デスクトップに保存する量を少なくすればOK!

なんですが…

 

よく使うデータはパソコンに置いておきたいところ!

 

そんなとき、役に立つのが…

フォルダ

 

デスクトップに一時保管のフォルダを作って、その中にデータを保存しましょう♪

そうすれば、

  • パソコンの動きが多少早くなる
  • 使いたいデータが見つけやすくなる

 

などのメリットがあるんです^^

 

フォルダの中も定期的に整理

そして、一時保管に作ったフォルダ

 

ココにずっとデータを入れっぱなしでいいのか?

というと、そういうワケではありません!

 

フォルダに保存しているデータも、気づかないうちに結構増えるもの

 

保存するデータ量が増えると、その分パソコンの動きも遅くなってきます。。

 

そうなる前に、フォルダの中のデータも定期的な整理が必要です!

 

  • 今後全く使わないデータは削除
  • また使う予定のあるデータはバックアップを取る

 

などして、パソコンに保存するデータ量を少なくしましょう。

 

パソコンの動きが遅くなるのを防ぐのと同時に、パソコンが故障したときのリスク対策にもなります^^

 

タスクバーのアイコンもチェック!

そして、デスクトップと同時にチェックしたいのが…

タスクバー

 

タスクバーとは、パソコンの一番下にあるバーのこと

ここには、ソフトをインストールしたとき、ここに勝手にアイコンが設置されている(>_<)

なんてことも。。

 

必要なものもあるのですが、パソコンを使うのに直接は関係ないモノがインストールされていることもあります。

 

チェックしてみて、ほとんど使っていないモノは削除しても特に問題ありません。

 

パソコンの動きを妨げるものは極力保存しないようにして、パソコンをサクサク快適に動かせるようにしましょう♪


お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック