賃貸備え付け備品の場所を忘れず収納するには?


賃貸物件に住んでいると、ほとんどの家に、物件に備え付けられている備品があると思います。

 

 

この備品って、使うこともありますが、中には、

「全然使ってないよ~」

というモノもあるんじゃないでしょうか?

 

備品の置き場所って、結構決めづらい

使わない備品って、置いておくのに結構やっかいだったりします^^;

 

  • 自分のモノじゃないから、なくすと困る
  • 基本的には使わないので、置き場所に困る
  • 備品をなくして弁償するのはイヤだ!

そんな気持ちになりがちです。

 

物件の備品を使うことはないけど、どこにあるのかわかるようにして、すぐに取り出せるようにしたい!

「備品がどこに行ったか分からない!」

ということにならないように、

 

  • 種類別に分けて置く
  • 邪魔にならない場所に置く

 

など工夫をしても、この収納方法だと結局備品が行方不明…

ということになりかねません(*_*)

 

備品が邪魔にならずスッキリするには…

ということで、備品が邪魔にならず、なおかつ、収納場所がすぐにわかるようにするには…

 

種類やアイテム別に分けず、

「物件の備品一式」として、一か所に収納すること!

 

そして、高い場所に収納します。

 

我が家にある備品は、玄関を入って正面にある戸棚の上段に収納しています。

ここには、

  • 物件の備え付けの設備の取り扱い説明書
  • キッチン収納に元々あった引き出し式のカゴ
  • 備え付けられている白熱電球

をまとめて収納しています。

 

取り扱い説明書は、引っ越してから一度も見たことがありません^^;

そして、キッチン収納にあったカゴは、使ってみたこともあったのですが、結局使わなくなりました。

 

このように、使うことはないけれど、物件に元々あったモノなので、なくすワケにはいきません。

 

そんなモノを、高い場所にまとめて収納しておくことで、邪魔にならずに保管することができます。

そして、一か所にまとめておくと、備品の収納場所が決まるので、収納場所を忘れることがありません(^^)v

 

これで、備品も邪魔にならずにスッキリ!

です^^

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック