万が一のときにも安心!自分にとって適正なストック量の決め方


家には必ず置いてある、日用品や食料などのストック品

 

これがあるだけで

「あっ、あれがない!」

と、買いに走ることもなくて安心ですよね^^

 

でも、ストックする量が決まってないと

  • ストック品の買い過ぎで、収納場所がない
  • 同じモノを二度買いしてしまう

 

や、その反対に

  • 気が付けば、使いたいモノがない

 

といった原因に…

 

そうならないためにも、自分にとっての適正なストック量を決めるのが大切です。

 

では、どのようにして、適正なストック量を決めればいいのでしょうか?

 

どれくらいの期間で使いきるか?を調べる

まず、ストックしたいモノを使う期間を調べます。

調べる方法は、とても簡単!

 

1.使い始めに 日付を記入する

使いたい日用品や食品を開封する際に、開封した日付を容器に記入します。

 

容器がない場合は、使う場所や保管する場所の近くに、付箋やマスキングテープに日付を書くのがおススメ!

 

2.普段通りに使う

その後は、いつもと同じように使えばOK!

 

そして使い終わると…

どのくらいの期間で使ったかが一目瞭然!!

 

たったコレだけで、ストックしたいモノの使いきる期間がわかります^^

 

ストック品の使う頻度を知っておく

そして、もう一つの方法は、ストック品の使う「頻度」を知ること

 

使う期間がわかるだけでも問題ないのですが、それにプラス!で使う頻度を知っておくと、ストック品の使う量がさらにわかりやすくなります。

 

例えば

  • 洗濯洗剤なら…洗濯する回数は、週に何回?1回に使っている洗剤の量は?
  • トイレットペーパーなら…一回に使う量は何センチ?家族全員で一日何回トイレを使う?

といった感じ

 

ここからも、ストック品を使う量を算出することができます。

 

買い足す時期を決めておく

そして

  • 使いきる期間
  • 使う頻度

 

この2つがわかれば、どれくらいの量になった時点で買い足しに行けばいいか?

これがわかるようになります。

 

そこで、使いきる期間と頻度を元に、買い足しに行くときの数量(発注点)を決めておけば、その時点で買いに行けばOK!

 

このように、ストックする量を決めることができれば

「家に同じモノがあるのに、また買ってしまった…」

「気が付けば、ストック量がいっぱいになってしまった…」

 

や、その反対に

「いざという時に、使いたいモノなくて困る…」

 

ということがなくなります^^

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ・ご質問につきましては「お問い合わせ」バナーのリンクよりご連絡ください。