すぐふえる紙袋 増やさないようにするためには?


お部屋にあるモノで、すぐに増えてしまうモノの代表格!

といえば、紙袋

 

お店で何か買うと、必ずと言っていいくらいもらいますよね。

なので、気づかないうちに増えてしまいがち

 

でも賃貸だと、紙袋を置く場所にも限りがあります。

なので、紙袋を置くスペースがないこともあると思います。

 

できれば、紙袋の量をゼロにはしたくないところです。

では、部屋が紙袋だらけにならずに紙袋を置いておく方法はないのでしょうか?

 

紙袋を定期的に整理しよう

紙袋は持って帰ってきたままそのままにしておくと、どんどん増えていきます。

なので、定期的に整理するようにしましょう!

 

例えば、

  • 状態が悪いものは資源ごみの日に処分
  • 紙袋を使ってもらえるところがあれば、そこに持って行く

などがあります。

 

我が家の場合は、半年に一度出店してるフリーマーケットに紙袋を持って行くようにしてます。

フリーマーケットでは、販売するのに品物を入れる袋が必要

そこで紙袋が大活躍するんです!

持って行った紙袋は、フリーマーケットでほとんどなくなります^^

 

紙袋の整理は頻繁にする必要はありませんが、増え方に応じて3か月~半年に一度くらいは整理する方がいいと思います。

 

このように定期的に整理するようにすると、紙袋が増えすぎずに済むんです。

 

保管する紙袋の量 数の上限を決めよう

そして、紙袋が増えすぎないようにするために大切なもう一つのこと

それが、保管する数の上限を決めること

 

これを決めておくと、必要以上に増えなくなります。

 

では、どのように決めるのか?

というと…

  • 紙袋を使う頻度はどれくらいか?
  • 紙袋を保管するスペースはどれくらいあるか?

 

などの指標をもとに、紙袋を持つ上限数を決めるといいと思います。

 

 

紙袋は必要だけど、紙袋に収納を占領されるのはイヤですよね!

 

紙袋に収納を占領されないためにも、

  • 定期的に整理する
  • 保管する数の上限を決める

 

ようにすると、狭い賃貸住宅でも紙袋を置くスペースを確保しながら、無駄なく収納を使うことができるようになります。

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック