収納場所足りない!!必要なモノはどこに置けばいいの? 


収納の場所決めって、結構むずかしくないですか?

 

収納の基本は、

「使う場所に使うモノを置く」

なのですが…

 

いざ整理したモノを収める段階で、

  • 収納に入れたいものが入らない!
  • 収納する場所がイマイチ曖昧になる…

など、いろいろ考えてしまいますよね(>_<)

 

特にお部屋が狭いなど、スペースに限りがあると、なおさら頭を抱えてしまいがちです。

 

そんな収納場所、もっとうまく決められないんでしょうか?

 

収納場所が狭いときは…

収納場所を決めるとき、大きな課題の一つが…

  • 収納する場所に、置きたいモノが収まりきらない

ということ

 

収納にモノが収まりきらないと、なんだかんだ言って困ってしまいます^^;

 

かと言って収納家具を買い足しても、その分使える場所が狭くなるのもイヤですよね。

 

そんなときは、無理して一か所に収納しようとしなくても大丈夫!

他に空いてる場所があれば、そこに収納してもいいんです^^

 

そのときのポイントが…

使用頻度で収納場所を決めること

 

  • よく使うモノは、本来収納したい場所に
  • あまり使わないモノは、空いてる場所に

それぞれ収納します。

 

このとき重要なのが、わかりやすく収納すること

 

どこに何があるかわかりやすくすると、違う場所に収納しても、

「あれ~、どこにあったっけ??」

といったことがなくなります。

 

発想を変えると収納場所が見つかる

収納する場所を決めるとき、どうしても、

「この部屋にはコレを置く」

といった考えが付きまとってしまいませんか?

 

収納するとき、できれば、

「使う場所に使うモノを置く」

基本にのっとって収納できればいいのですが…

 

そうはいかないこともありますよね。

 

そんなときは、必ずしも一か所にまとめる必要はないんです。

どこにあるのかをわかるようしておけば、違う場所に収納したってOKなんです!

 

そうやって収納する場所を決めると、

「うまく収納できない~(>_<)」

 

と思っていたモノも収納する場所が見つかるかも!?

しれません^^

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック