お部屋作りを「完璧」にしなくていいのはなぜ?

「もっとお部屋をキレイにしたい!」

「キレイになったお部屋をできるだけキープし続けたい!!」

 

と、お部屋の悩みって尽きませんよね^^;

 

でも、

「毎日お部屋を片付けるのに疲れる~」

「お部屋をキレイに整えたいけど、いったいどこまですればいいのかわからない…」

ということはありませんか?

 

 

ほど楽収納では、

  • お部屋を整えるのは「完璧」じゃなくても大丈夫

とお伝えしています。

 

では、どうして完璧に整えなくてもいいのでしょうか?

 

完璧に整えなくてもいい理由

お部屋を整えるのを完璧にしなくてもいいのは…

 

ズバリ!

  • モノは常に動いてるから

 

自分や家族の家での様子を思い浮かべてみてください。

人やモノって、何かしら動いてますよね。

 

おそらく、動かない時間の方が少ないんじゃないかな~

と思うんです。

 

なので、動くモノに対して、

「とことんキレイになるまで片付けよう!」

とすると…

 

それだけで、かなりのエネルギーを消耗してしまいます(-_-)

だから、完璧に片付けようとすると、その分疲れてしまうんです^^;

 

完璧にすることよりも大切なのは?

では、お部屋を整えるのに、どんなことを大切にすればいいのでしょうか?

 

完璧じゃなくてもいいお部屋作りには、いくつかポイントがあります。

 

1.変化に応じた収納づくり

先ほどご紹介した通り、モノは常に動いています。

 

毎日だと、一つ一つのモノの動きなのですが…

これを長い年月で見ると、ライフスタイルが変化しますよね。

 

ライフスタイルが変化するということは、それに伴って使うモノが変わるということ

使うモノが変わると、それに伴って収納も変わってきます。

 

なので、ライフスタイルの変化に応じた収納づくりが大切になってきます。

 

2.戻す「場所」を作ること

モノが常に動くということは、モノを使っているという証拠

 

ということは…

使ったモノを「戻す」場所が必要になってきます。

 

なので、収納で戻す場所を作ってあげることがとても大切!

 

戻す場所が決まると、散らからずに済むようになってきます^^

 

3.「見やすい」「使いやすい」収納

収納と言えば…

  • しまい込めばOK!
  • 見えなくした方がキレイ!!

って思ってませんか?

 

実は、それが使いづらくなる原因になってるかも!?

しれないんです。

 

なので収納は、

  • 見やすい
  • 使いやすい

を重視すると、取り出すまでの時間が短くなって、乱れにくい収納になります。

 

 

お部屋作りは、

「完璧」よりも「変化に対応」すること!

 

これを意識しながらすると、片付けに疲れることがなくなってきます^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。


お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック