もったいない!と思いながら捨てる前に…紙袋の活用法


お買い物をすると、買ったモノと一緒によく付いてくるのが

紙袋

 

買って家まで持ち帰るときには、なくてはならないモノ

ではあるのですが…

 

持って帰ると、お役目終了!

その瞬間から、いらないモノになってしまいます。

 

その割には

「また使うかも~」

と、なかなか捨てられないモノだったりしますよね(^^;

 

そして気付けば、紙袋でいっぱい!!

っていうことになっていませんか?

 

紙袋が捨てられないときは、こんなふうに活用するのはいかがでしょうか?

 

紙袋の活用法

1.「仮」の収納ケースとして使う

整理したモノを収納する際に、あると便利なのが

「収納ケース」

 

その収納ケースを買う前に

一時的に収納するものがあると便利なんだけど…

 

っていうことはありませんか?

 

そんなとき、紙袋が大活躍!!

収納する場所の高さに合わせ、折り曲げるなどして使います。

これだと、整理・分類したモノが、またバラバラになるようなことを防ぐことができるんです。

 

そして、収納用品を買ってきたら、紙袋収納とチェンジ!

仮の収納があるだけで、安心感が違いますよね^^

 

2.紙類の分類に活用

紙類などの書類を整理していると

いろんな種類に分類できたのはいいけれど、どれがどの分類なのかがわからない…

 

っていうことはありませんか?

 

そんなときにも、紙袋が大活躍!!

分類した紙類を、紙袋へ

そして、紙袋に分類した名前を書いておけばOK!

これで、どんな分類の紙類なのかがすぐにわかります^^

 

持っておく紙袋の量 上限を決めよう!

そんな紙袋を

  • サブバッグとして活用
  • 仮の収納として利用

 

するなど、いろんな形で使ったとしても…

 

その量は、なかなか減るものではありません。

むしろ、増えていきますよね(^^;

 

…ということは

 

紙袋は自分の意志とは無関係に増えてしまうモノ!

と思っておく方が無難です(^^;

 

なので、持っておく紙袋の量の上限を決めておきましょう。

 

紙袋の量の決め方は、こちらの記事を参考にしていただければ嬉しいです^^

↓↓

<参考記事>

すぐふえる紙袋 増やさないようにするには?

 

どうしても増えてしまう紙袋、整理&活用で上手にお付き合いしましょうね♪

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック