同じ形の詰め替えボトル 中身を見分ける2つの工夫


お風呂で使うシャンプーやリンスを入れるボトル

どのような容器に入れていますか?

 

シャンプー専用のボトルでも問題はないのですが、なんか味気ない…

 

今は、オシャレな詰め替えボトルがたくさん売っていますよね♪

 

オシャレなボトルでそろえると見た目が美しい☆

 

でも、何が入っているのか見分けがつかないのが、大きなデメリット^^;

でもあります。

 

では、詰め替えボトルを使う際、どれに何が入っているかわかるようにするには、どうすればいいのでしょうか?

 

区別する方法 その1:色を変える

入っているモノを区別する方法!

一つ目は、あえて違う色にすること

DSCF7274

  • 透明のボトルには、シャンプー
  • 茶色のボトルには、コンディショナー

 

というように、同じデザインの容器でも、色を変えるんです!

 

こうしておくと、色の違いで何が入っているかがすぐにわかりますよね^^

 

同じようなモノを2つ以上並べて収納するとき、このように容器の色を変えると区別がつきやすくなります!

 

区別する方法 その2:ラベルを貼る

ボトルの色を変えると、それだけでもシャンプーとコンディショナーの区別がつくのですが…

 

場合によっては

  • どちらがシャンプーなのか?
  • コンディショナーなのか?

それを忘れてしまうことも^^;

 

そこで!

入っているモノを区別する方法!!

 

二つ目は、ボトルの上部にラベルを貼ること

DSCF7276

ラベル貼ることで、さらに区別がつきやすくなりますよね^^

これで、シャンプーとコンディショナーを間違って使うことがなくなります☆

 

容器をそろえると、見た目もスッキリ!

でも、それだけでは何が入っているのかの区別がつきにくくなります。

 

「見た目+区別しやすさ」で使いやすさがアップ

見た目を考える前に大事なのが…

  • どこに何があるのがわかるようにすること

 

収納するモノに+αの工夫をすることで、使いやすさがグンとアップします!

 

使いやすい上に、見た目もクリアできる♪

理想のお部屋へさらに近づきますよ^^

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック