災害対策にも!滑り止め付き食器棚シートで 大切な食器を守ろう


食器を収納する主な場所のひとつが

食器棚

 

食器棚に入れる食器は

陶器、磁器、ガラス、木、プラスチック 等

様々な種類のものがあります。

 

そして、食器棚の棚板に使われている素材は、木であることが多いですよね。

 

そうすると、棚板と食器の素材の組み合わせによっては、棚板を傷つけることもあります。。

 

できるだけ食器棚を傷つけずに使いたい!

 

と思いませんか?

 

そんなときに棚板を保護してくれるのが

食器棚シート

 

そんな食器棚シートもいろんなタイプのものがあって、どれがいいのか迷ってしまうところ

 

では、どんなタイプの食器棚シートを選べばいいのでしょうか?

 

「滑り止め付き」の食器棚シートを選ぼう

いろんなタイプの食器棚シートがある中でも、特におススメ!なのが

滑り止め付きのもの

 

 

ニトリやIKEA、ホームセンターでも販売されているので、手軽に購入できます!

 

 

 

価格は、売られているサイズやお店によって若干違いはありますが、だいたい400~500円程度(2020年3月現在)

 

素材は

  • IKEA=ポリエチレン
  • ニトリ=EVA(エチレン酢酸ビニル樹脂)

 

  • IKEAのシート=厚めでしっかり
  • ニトリのシート=薄めで柔らかい

という印象です。

 

このシートのいいのは

  1. 滑りにくい素材のため、シート自体が滑りにくい
  2. 食器棚シートを敷くことで、棚板・食器共に傷みにくくなる
  3. 好きなサイズに合わせて、自由にカットできる
  4. 汚れてもサッと拭くだけで、お手入れが簡単
  5. 透明なので、食器棚の色を選ばず使える

というところ

 

IKEAのシートは5~6年使いましたが、滑り止めなしのシートのように破れるようなことがなく、快適に使えました♪

 

災害対策にもなる!滑り止め付き食器棚シート

そして、滑り止めが付いていることで、災害対策にもなります。

 

2018年の大阪北部地震の際、食器棚の扉が地震で開いたはずなのですが…

この滑り止め付き食器棚シートのおかげで、割れた食器がたったこれだけ!

↓↓

 

当時は、地震対策で敷いていたワケじゃなかったのですが…

これぞまさに「怪我の功名」!

 

滑り止め付き食器棚シートが災害対策にもなることを、身をもって体験した(笑)

というワケなんです。

 

ということで、滑り止め付き食器棚シートは

 

  • 棚板も食器も傷つけない
  • 災害対策になる

ので、ほど楽的には超おススメです♡

お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・ITサポート等に関してのご質問・ご不明な点は、以下までご連絡ください。

【電話】
090-3670-5485
受付時間 9:00-18:00 (季節休暇時除く)

【メール】
「お問い合わせ」ボタンをクリック