酸素系漂白剤でナチュラルクリーニング いろんな用途で使えます

夏になると気になるのが、洋服に付く汗のニオイ

その汗のニオイを取るのに、酸素系の漂白剤を使っています。

 

今夏からは、シャボン玉石けん の酸素系漂白剤にチェンジ!

過炭酸ナトリウムがという成分が、洗濯物を漂白・消臭してくれます。

そして干すとき、洗濯物をパタパタ振るだけでふんわり♡

そんなうれしい効果もあります^^

 

特にタオルは、以前よりも増してふんわりするようになりました。

 

酸素系漂白剤で茶渋は取れるのか?

この、酸素系漂白剤

洗濯物以外に茶渋を取ることができるのを知り、早速実践!

 

茶渋茶色くなってきている、湯のみ&コーヒーカップ

DSCF7469

特に、底ががうっすら茶色くなってきているのがお分かりいただけると思います。

 

これに、30~40℃くらいのぬるま湯に酸素系漂白剤を入れ、30分ほどつけ置きします。

DSCF7471

写真ではわかりづらいのですが、お湯に漂白剤を入れたると泡が出てきます。

その泡で漂白されるとのこと

塩素系漂白剤のツーンとしたニオイもありません。

 

なので、「漂白剤のニオイで頭が痛い~(>_<)」

というイヤな思いもせず、漂白ができます。

 

そして30分後、どのようになったのかというと…

DSCF7472

茶渋がキレイに取れました(^^)v

特に、左側の湯のみの茶渋がよく取れているのがお分かりいただけるかと思います。

 

他に、ステンレスボトルにも使ってみたのですが、こちらも茶渋がキレイに取れました。

 

いろんな用途で使える酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は、今回ご紹介した漂白や茶渋取り以外にも、

  • しみ抜き
  • 除菌
  • 消臭

など、いろんな用途で使うことができます。

 

使うときのポイントは、30~50℃のぬるま湯で使うこと

この温度が、漂白剤の効果をいちばん発揮するようです。

 

毎日の洗濯や食器洗い、お掃除だけでは取ることのできない汚れは、無理に落とすより、自然科学の力で落としたいですよね。

そんなときに助けてくれるのが、ナチュラルクリーニングです。

 

私がナチュラルクリーニングにすごくこだわりを持っているわけではないのですが、活用できるところは活用していきたいなぁ~と考えています。

 

その前に大切なのが、汚れがひどくなる前に汚れを落とすこと

こびりつくくらいに汚れてしまうと、汚れを取るが大仕事になってしまいます(>_<)

 

そうなる前にこまめに汚れを取る習慣をつけておくと、軽い力で汚れが取れてお掃除も楽ちんです♪

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*