家族みんなで!家事ができる仕組み作り

以前は私一人でこなせていた家事ですが、今の仕事を始めてから、家事を一人でするのがだんだんむずかしい状況になってきています(>_<)

 

今の仕事を始めるまでは、どうだったのかというと…

 

結婚後仕事をしていた時期もありましたが、仕事の時間は短時間で、

「夕食を作る時間がない!」

「掃除をする時間がない!」

ということはほとんどなく、私一人で十分家事ができていました。

 

でも今は、仕事から帰る時間が遅くなることもしばしば…

それは、洗濯物をたたんだり、夕食を作るなど

家事をする時間が遅くなってしまうことを意味しているワケです。

 

そんなとき助けてくれるのが、我が夫!

 

帰ってきたら、洗濯物をたたんでくれていたり、時には簡単なご飯を作ってくれている♪

なんてこともあります。

 

帰ってきたら、やらなきゃいけない!

と思っていたことが終わっているのが、こんなにありがたいこととは…

夫にはいつも感謝、感謝です^^

 

家族みんなができる仕組み作り

仕事に行くとき、事前に夕食を作っておくなどもしているのですが、それだけでは時間が足りないこともあります。

 

そんなときに、夫が夕食を作ってくれるのですが、

夫は料理上手なのか?というと、そういうわけではありません。

 

手早くできる料理は作れるのですが、手の込んだ料理はあまり得意ではありません。

ということで、夫でも作れるようにお惣菜の素を常備して、手軽に作れるようにしています。

以前は、この手のものを使うのはあまり好きではありませんでした。

でも、簡単にできるために、たまには使ってもいいんじゃないかな?

ということで使ってみると、思いのほか美味しくできたので、我が家の食品ストックに決定!

となったワケです。

 

料理もそうなのですが、どんな家事も誰でもできること

それってすごく大切なことだなぁ、と感じています。

 

そのために大切なのが、お部屋を整えること

 

整理収納でモノの位置が決まっているので、夫が洗濯をたたんでも、それをタンスに収納することができるようになっています。

 

一人で家事をするよりも、二人で家事をした方が早い!

そんな意識がお互いに根付くようになってきました。

 

家事分担のルールを決めない

そんな我が家の家事分担ですが、誰が何をするというルールは特に決まっていません。

お互いが気になればそのときする、というスタイルを取っています。

 

もし、家事分担のルールを決めてしまったら、お互い自分の仕事以外はしないような気がするので…^^;

 

そして特に私がやらないようにしていることですが、洗濯物のたたみ方など、夫が私と違う方法でしていたとしても、

「たたみ方が違う!」と文句を言わないようにしています。

 

たたみ方うんぬんより、洗濯物をたたんでくれただけで家事がひとつ終わっているのです。

そのことに感謝するとともに、その分時間にゆとりができたと考えています。

 

洗濯物を一から全部たたむより、たたみ直す時間の方がはるかに短いのですから^^

 

 

結婚当初は全然家事をしなかった夫ですが、

「家事は大変な仕事だ」と体感するようになってから、一緒に家事をするようになりました。

 

これからも、お互いがストレスを感じないように工夫していきながら、家事ができればいいなぁと思っています♪

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*