衣類から害虫を撃退!! 効果的な防虫剤の使い方

衣替えのときに、気になるのが衣類の害虫対策ですよね。

 

そして、そのとき役に立つのが

防虫剤

でも防虫剤って、結構知らないことが多いですよね^^;

 

防虫剤も、正しく使わないと、

  • 防虫効果がない
  • 洋服を傷めてしまう

なんてことも…

 

そうならいためにも、防虫剤のことを知っておくのが大切♪

 

ということで、防虫剤についてお勉強しましょう(^o^)/

 

防虫剤には一緒に使えない種類がある

まず、防虫剤には、大きく4つの種類があります。

 

無臭性

1.ピレスロイド系(エンペントリン、フェノトリン、プロフルトリン)

※ 上の写真は、ピレストロイド系の防虫剤です。

 

こちらはニオイが付かないので、すぐに服を着ることができます。

そして、他の薬剤と一緒に使えます。

 

 

有臭性

2.パラジクロルベンゼン

すばやい効き目で、ウールや絹素材の衣類に適しています。

 

3.ナフタリン

効き目がゆっくりと持続し、フォーマルウエア・和服や人形などに適しています。

 

4.しょうのう(樟脳)

自然の芳しい香りがし、ウールや絹素材の衣類に適しています。

 

他の防虫剤との併用についてですが、

無臭性の防虫剤は他のものと一緒に使えます。

 

それに対して、有臭性の防虫剤はナフタリンとしょうのうは併用不可

というように、有臭性の違う種類の防虫剤は、薬剤が溶けてシミや変色する可能性があるので、一緒に使えません!

 

なので、防虫剤を使うときは、必ず防虫剤の種類を確かめてから使ってください。

 

防虫剤は衣類の上に置く

そして防虫剤は、置き方で効き目が大きく変わるので要注意!

 

防虫剤の成分は空気より重いため、効き目が上から下に広がります。

 

引き出しに置く場合は、衣類の上に置くと効果的!

ハンガーに吊す場合は、真ん中や等間隔に吊しておくと効果が発揮されます。

 

効き目が発揮される 衣類の置き方

せっかく防虫剤を入れるのですから、効き目を十分に発揮させたいところですよね。

 

衣類を詰め込みすぎると、防虫成分が行き渡りにくく十分な効果を得ることができません。

なので、衣類の収納は、収納ケースの8分目くらいを目安にしましょう。

 

そして、防虫効果を発揮させるためには、密閉された状態がベスト

ウォークインクローゼットなど、衣類の保管環境に応じて、使う防虫剤を変えるのも一つの方法です。

 

防虫剤の性質や正しい使い方を知って、衣類を大切に!

 

そして、スペースを有効利用できる収納を目指しましょう♪

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*