キッチンで食品を置く場所 温度と湿度に気を付けて

湿度が高い季節、特に食品の管理には気を遣いますよね。

買った食品は、できるだけ環境のいい場所で保管したいところです。

 

そして、食品を保管する場所といえば…

もちろんキッチンですよね^^

 

ご訪問するお客様はもちろん、我が家でも食品の保管はキッチンでしています。

その方がすぐに使えるので便利!!

 

 

…と、ここまで読んでいただくと、

「なんかおかしい!?」と感じませんか?

 

そう感じた方は鋭い!!

実は、キッチンに食品を保管することは矛盾があるのです。

 

その原因は 温度と湿度

キッチンは火や水を使う場所なので、どうしても温度や湿度が変わりやすい場所です。

 

でもキッチンをより使いやすくするためには、できるだけキッチンに食品を置きたいところ

そこで今回は、キッチンに食品を置く際に注意したいことをご紹介いたします。

 

温度・湿度の変化が大きい場所とは?

家の中で熱や湿気が溜まりやすい場所はどこか、想像できますか?

特に、どの高さが熱や湿気が溜まりやすいのでしょうか?

 

いちばん熱や湿気が溜まりやすいのは、風通しの悪い場所

一戸建ての場合は、キッチンに窓があるお宅もありますが、マンションなどの集合住宅では、窓がないお宅がほとんどです。

ということは、キッチンはどうしても熱や湿気が溜まりやすくなります。

 

キッチンに窓があるお宅はこまめに窓を開け、窓がないお宅は換気扇を回すなど、換気をしておくことが熱や湿気を溜めないいちばんの方法です。

 

 

そして、キッチンの中でいちばん温度・湿度の変化が大きい場所が

シンクの下

 

シンクで洗い物をするときは、必ず水を使います。

そして、シンクでお湯を使うこともありますよね。

 

そのとき、シンクの下はどうなったいるかというと…

お水やお湯が通るたび、温度・湿度が絶えず変わっているのです。

 

 

最後に、熱や湿気はが溜まりやすい高さはどこか?

熱は高い場所に溜まり、湿気は低い場所に溜まる傾向にあります。

 

この、熱と湿気が溜まりやすい場所を知っておくことが、食品の置き場所を決めるのに有効になってきます。

 

湿度の高い場所に置いてはいけない食品

湿度の高い場所には、湿気を嫌う食品は置かないようにしましょう。

 

湿気を嫌う食品にどんなものがあるかというと、

  • お米
  • 乾物
  • 小麦粉などの粉類
  • 根菜類

などがあります。

 

このような食品を、熱や湿気にさらすのはとっても危険!!

食品の劣化を早めてしまい、腐ったりカビの原因になります。

 

 

そして、キッチンの中で食品を置いてはいけない場所が、シンク下

この場所に食品を置いているのを、思いのほか見かける機会が多いです。

 

先ほども出てきましたが、シンク下は温度や湿度の変化が特に大きい場所なので、たとえ便利な場所であっても、絶対に食品を置かないようにしてください。

 

 

いかがでしょうか?

 

湿度が高い季節は、特に衛生管理には気を遣います。

食品の収納場所は、使いやすさだけではなく、温度・湿度など衛生面も意識すると、さらに安全で使いやすく収納することができます。

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック