データ化した書類 保存先は一つでいいの?

書類整理の際、省スペース化を助けてくれるのが…

書類のデータ化

 

スキャンするのはもちろん!

スマホのアプリで取り込んでデータにできるようになって、

 

「書類がますますデータ化しやすくなってきてるな~」

と感じる今日この頃^^

 

でも、書類をデータ化したはいいけれど…

 

パソコンのハードディスクに入れっぱなし^^;

っていうことはないですか?

 

もしかすると、パソコンが故障したとき、

「データが取り出せない(>_<)」

なんてことになってしまうかもしれません。。

 

そんなピンチにも対応するには、どうすればいいのでしょうか?

 

保存したデータを 一か所に保存するのは危険!

データ化した書類をパソコン内一か所だけに保存しておくのは、実はとっても危険!

 

なぜかというと、

  • パソコンが故障してしまうと、ハードディスクからデータが取り出せなくなる
  • ウイルスに感染する

といった恐れがあるから

 

保存したそのときはいいけれど、いざそんなことになってしまうと…

 

「あのデータがないと仕事ができない!!」

なんてことにもなりかねません(-_-)

 

データ化した書類は 2か所以上に保存しよう

というワケで、データ化した書類は、できるだけ2か所以上へ保存しましょう♪

 

特に重要なデータほど、2か所以上保存することをおススメします!

 

では、どんな場所へ保存するのか?

というと…

 

外付けのハードディスクや、

 

USBメモリ

といったツールをはじめ、

 

などのクラウドサービスを使う方法もあります。

 

この中で使いやすいツール2つ以上を使うのがおススメ!

 

これだと、一か所が何がしかのトラブルでデータが消えてしまっても、他の場所にデータが残っているので安心です^^

 

データ化した書類は定期的に整理!

そして、データ化した書類

ずっと使うのか?

 

というと、必ずしもそうではありません。

発生したデータもいずれ見なくなります。

 

  • 新しいデータ
  • 見なくなったデータ

このどちらも置いておくと、いざデータを取り出すときに探すのに時間がかかってしまいます。。

 

そうならないためにも、定期的なデータ整理が必要です!

 

データ整理の頻度は、長くても年に一度はデータ整理した方がいいと思います。

もちろんこれより短いスパンで整理してもOK!

 

データを定期的に整理することで、使うときにより見やすくなります(^^)v

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック