吊る vs たたむ 賃貸で効率よく衣類を収納するには?

衣類の収納には、主に2パターンありますよね。

  • 吊る収納
  • たたむ収納

 

どちらの収納にするといいのか、迷うところでもあります。

 

しかも、賃貸住宅にはスペースに限りがある…

なので、スペースが確保できなくて、収納できる衣類が予想以上に少ないのも悩みどころです。

 

スペースが狭くてもたくさん衣類を収納したいですよね!

 

吊る収納とたたむ収納 それぞれのメリット・デメリット

衣類を効率よく収納するのには、まずそれぞれの特徴を知ることから

吊る収納とたたむ収納には、どちらにもメリット・デメリットがあります。

 

吊る収納

 

メリット

  • どんな服があるかが一目でわかる
  • 洗濯した後、たたむ手間が省ける

 

デメリット

  • 収納できる服の量が少なくなる

 

たたむ収納

 

メリット

  • 収納できる服の量が多い

 

デメリット

  • 引き出しを開けないと何が入ってるかわからない

 

どちらかがいいように思うかもしれませんが、実はどちらにも一長一短なところがあります。

 

特徴を知って 衣類や自分に合った収納を

それぞれの特徴がわかったところで…

 

賃貸のように収納スペースに限りがある場合、どちらがいいのか?

というと、

 

収納できる量だけなら、たたむ収納の方が吊る収納の1.5~2倍くらいは多く収納できます。

 

そしてより多く収納するには、引き出しの高さに合わせて立てて収納するとGood!

このたたみ方だと、引き出しを開ければ何が入ってるかが一目瞭然です。

 

でも、たたむ収納だけでは効率よい衣類収納にならないんです。

なので、吊る収納も取り入れていきましょう!

 

吊る収納の方がいいのは、スーツやコートなどシワができちゃいけない衣類

これらは極力吊る収納にする方がGood!

それ以外にも、

「洋服をたたむのが苦手…」

「引き出しに洋服を入れてると、何が入ってるかわからなくなりそう…」

 

という場合は、洋服を無理にたたまず吊るほうが管理しやすいこともあります。

 

洋服の特徴や自分の性格を知っていると、狭い賃貸住宅でもより効率よく衣類を収納することができます。

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*