貴重な隙間 サイズの合うモノがあれば有効利用しよう

賃貸住宅の悩み…

それは、収納が少ないこと

 

収納家具を買いたいところですが、そうすると、その分お部屋の面積が狭くなってしまいます。

 

そこで目を付けたいのが、家具と家具などの「隙間」

できるだけ有効に使いたいところですよね。

 

でも、

  • 収納に使えそうな隙間があるけど、どう使っていいのかわからない

というのが正直なところ

 

できれば、

  • ちょっとした隙間も見逃したくない!
  • 隙間をを使ってでも収納を作りたい!

です。

 

隙間のサイズに合うモノを 専用の「指定席」にする

そんな隙間の使い方

隙間のサイズに合うモノがあれば、その場所を専用の指定席にしてしまいましょう!

 

例えば、冬の必需品!

といえば、カイロやマスクですよね。

 

カイロやマスクは使う時期が限られているので、時期が外れると使う機会がほとんどなくなってしまいます。

そして、サイズもびみょ~な感じ(笑)

 

そんな、びみょ~サイズのモノの収納に役に立つのが、

びみょ~な「隙間」なんです。

 

この隙間とカイロやマスクの大きさがピッタリだったら…

もうそこは、カイロとマスクの指定席!

これで、冬はカイロとマスクの置き場所に困ることがなくなります。

 

収納が少ない賃貸住宅で 隙間はとても貴重

ちょっとした隙間は、収納が少ない賃貸住宅ではかなり貴重!

置きたいモノのサイズが隙間のサイズとピッタリ合えば、その場所をぜひ使ってください。

 

かといって、

「隙間に収納するには、ちょっと無理があるな~」

というときは、その場所を無理には使わず、別の場所に収納した方がいいと思います。

 

貴重な隙間もゆとりをもって収納することが大切です。

 

ちょっとした隙間の使い方として、あえてその隙間を収納として使わないという方法もあります。

開けておいた場所は、お土産をもらうなど急にモノが増えた場所を置くのに使うんです。

 

そうすることで、

「もらったモノを置く場所がない~(>_<)」

といったことがなくなって、モノが散らかるのを防ぐことができます。

 

賃貸住宅の貴重な収納スペース、有効に使うようにしましょう!

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*