モノを取り出しやすく!使用頻度 × 体への負担で

モノを取り出すとき、できるだけ楽に取り出せるようにしたいですよね。

 

そんなときに考えていただきたいのが、

  • 使用頻度
  • モノを収納する高さ

 

この2つを考えると、取り出しやすい収納になるんです。

 

 

使用頻度別に分ける

モノを分けるとき、いろんな分け方がありますが、ここでは使用頻度別について考えましょう!

 

使用頻度別とは…

よく使っているか、あまり使っていないかで分ける方法です。

 

  • よく使っているモノ = 毎日
  • ときどき使っているモノ = 週に数回 ~ 一か月に数回
  • あまり使っていない = 年に数回

…と、こんな感じ

 

ちなみに、一年以上使っていないモノは「手放す」対象に

無理に手放す必要はありませんが…

 

「今の自分にはなくていいのかな~」

と思った方がいいかも!?しれません。

 

モノを取り出しやすい場所・取り出しにくい場所

そして、モノを収納するときに考えたいのが…

モノを取り出しやすいかどうか

 

収納は高さによって、モノが取り出しやすい場所と取り出しにくい場所があります。

 

  • 取り出しやすい場所 = 体への負担が少ない高さ
  • 取り出しにくい場所 = 体への負担が多い高さ

 

具体的にはどのような高さなのか?

というと…

  • いちばん楽に取り出せる = 目~腰の高さ(真ん中)
  • 体への負担が負担が少しある = 腰よりも低い(低い)
  • 体への負担が大きい = 目よりも高い(高い)

…とこんな感じです。

 

使用頻度 ×  体への負担で収納する

そして、使用頻度と体への負担を考慮して収納しましょう!

 

よく使うモノは、体への負担を少なくして収納したいですよね。

 

ということで、手を伸ばすだけですぐに取り出せる

目~腰の高さに収納!

 

よく使うモノには、取り出しやすい収納場所を優先的に与えるのです。

 

そして、あまり使わないモノは、取り出す回数が少ないですよね。

なので、取り出しにくい場所にあってもそれほど困ることはありません。

 

ということで、あまり使わないモノは、手の届きにくい目より高い場所に収納します。

 

そして、ときどき使うモノは、残りの腰より下に収納します。

 

最後に、高さの順番にまとめると…

  • あまり使わないモノ = 高い
  • よく使うモノ = 真ん中
  • ときどき使うモノ = 低い

使用頻度別収納

 

さらに、安全面を考えると、

  • 軽いモノ = 高い場所
  • 重いモノ = 低い場所

に収納することになります。

 

こうすることで、モノを取り出すとき、落ちてきたモノでケガをするのを防げます。

 

使用頻度と体への負担を考えて収納すると、格段に取り出しやすくなりますよ!

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*