リビングをくつろぎの空間に ~お部屋の特徴と収納方法

リビングは、家ではくつろぎの場所

いちばんキレイにしておきたいですよね。

 

でも、リビングは思いのほか乱れやすい場所だったりしませんか?

それはどうしてなのでしょうか??

 

今回は、

  • リビングがどうして乱れやすい場所なのか
  • リビングが乱れないように収納する方法

などをご紹介いたします。

 

リビングはいろんなモノが混在しやすい

リビングでは、普段どんなことをしていますか?

考えてみましょう!

 

例えば、

  • テレビを見る
  • 本を読む
  • ダイニングで食事をとる
  • パソコン作業をする
  • お子さんが遊ぶ
  • 洗濯をたたむ
  • アイロンをかける

など、思い出すと結構ありますよね。

 

ということは、リビングの用途は一つとは限らないのです。

ひとつの部屋でたくさんのことをしているというワケです。

 

ひとつの部屋でたくさんのことをするとなると、お部屋を使う用途のに合わせたモノが必要になります。

 

ということは、それだけ多くの種類のモノがひとつの部屋に集まります。

つまりリビングは、いろんな種類のモノが混在しやすい場所になるワケです。

 

なので、

「リビングがなんかゴチャゴチャしていて、スッキリしない…」

ということが起きるのです。

 

リビングを使う目的別にエリア分けする

そんな、ゴチャゴチャしてしまいがちなリビング

スッキリと使いやすくするにはどうすればよいか?

 

まずは、使う目的別にエリア分けをしてみましょう!

 

例えば、

  • テレビを見たり、家族団らんなどのくつろぐエリア
  • 食事をとるエリア
  • お子さんが遊ぶエリア
  • 洗濯物をたたんだり、アイロンをかけるエリア

 

という感じで、使う目的別でエリアを作ってみてください。

そのエリアで使うモノを置くようにします。

 

そしてさらに、そのエリア内で、

  • 使用頻度別
  • 使う人別
  • アイテム別

などを組み合わせて分けて収納していきます。

 

そうすることで、リビングの中でモノ混在することがなくなり、

「なんかゴチャゴチャしている…」

「どこに何があるかわからない…」

というようなことを防ぐことができます。

 

小さなモノは細かく分けて収納する

そして、リビングで使っているモノ

  • 文具
  • DVD
  • パソコングッズ
  • おもちゃ

など、小さいモノが多いと思いませんか?

 

そして、小さいモノを収納しても、時間が経つと収納の中が乱れてくる…

というようなことはないでしょうか?

 

一度収納場所を決めても、収納の中が乱れてしまうのはなぜでしょうか?

 

それは、収納の方法に問題があるから

その問題も、収納を工夫することで解決します!

 

小さいモノを収納するときは、できるだけ細かく分類し、種類ごとに分けて収納します。

そうすれば、一度決めた収納が乱れるのを防ぐことができ、取り出しやすしまいやすい収納になります。

 

いかがでしょうか?

リビングも特性とモノの置き方を工夫すれば、乱れることなく、快適なくつろぎの空間になります。

 

ご紹介したことを意識しながら、リビングをさらにくつろぎ&家族団らんのお部屋にしてみてくださいね^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*