衣類の収納「たたむ」と「吊る」の収納量の差はどれくらい?

衣類を収納するとき、どっちにしようか迷うのが…

「たたむ収納」 か 「吊る収納」

 

これって、衣類収納の永遠のテーマ!?

みたいな感じですよね^^;

 

スペースを有効利用するには、やっぱり

「たたむ」収納の方が効率よくたくさん収納できそうだけど…

 

実際問題、収納量にどれくらいの差があるんでしょうか?

 

というワケで…

我が家の収納で検証!

 

引き出し収納とハンガー収納のサイズを測って、収納してる洋服の量を比較してみました(^^)v

 

衣類収納のサイズを測ってみると…

引き出し収納と、ハンガー収納

それぞれのサイズがこちら!

 

【 引き出し収納 】

  • サイズ:幅 95cm × 奥行 48cm × 高さ 12cm = 体積 54,720㎤
  • 洋服の枚数:37枚

 

【 ハンガー収納 】

  • サイズ:幅 80cm × 奥行 55cm × 高さ 80cm = 体積 352,000㎤
  • 洋服の枚数:23枚

 

それぞれ、洋服一枚あたりに使ってる体積が、

  • 引き出し収納:1,478㎤
  • ハンガー収納:15,043㎤

 

となります。

 

これを、ハンガー収納 ÷ 引き出し収納 で計算してみると…

10.17 という結果に!

 

なんと!

ハンガー収納は、引き出し収納の「10倍」のスペースを使ってるという結果が出ました!!

 

たたむ収納の方が効率よく収納できる

収納容量の差の

「10倍」という数字は、あくまで検証した時点でのデータ

 

引き出しには夏服が多く入ってたので、冬だともっと枚数が少ないです。

なので、季節や収納する場所によって、多少差が出ると思います。

 

…が、

たたむ方がスペースを有効利用しながら、効率よく収納できるのは明らか!

 

「収納する場所がない!」

「効率よく収納したい!!」

という場合は、たたむ収納がおススメなんです^^

 

衣類の収納は 場所の効率 or 時間の効率 で考えよう!

とはいえ、

「たたむのが苦手^^;」

「たたむのは面倒…」

「たたむ時間がない!!」

 

っていう気持ち、正直ありませんか?

 

そんな場合は、無理にたたむ収納にする必要はないんです。

吊る収納でも全然OK!

 

スペースに余裕がないときは…

吊る収納をメインに、ストレスのない程度にたたむ収納を取り入れるといいと思います。

 

たたむ収納か?吊る収納か?

 

これを選ぶ判断基準は、

「どちらの効率を選ぶか?」

です。

 

  • 場所を効率よく使いたい場合は、たたむ収納
  • 家事時間を短縮したい場合は、吊る収納

を基準に、たたむ収納と吊る収納の割合いを考えてみましょう♪

 

そうすると、家事ストレスが少なくなる衣類収納になります^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*