耐震補強できなくても地震の被害から身を守るには?

「日本は地震大国」といわれるくらい、本当に地震が多いです。

あちこちで地震が起きているので、いつどこで地震が起きても不思議ではありません。

 

なので地震が起きても、自宅での被害をできるだけ少なくしたいところです。

地震から身を守るには、地震対策は欠かせないですよね。

 

地震対策も、持ち家なら耐震補強などをすることができますが、賃貸だとそうはいかないのが現実…

建物の構造に手を加えることができません。

 

でも地震から身を守るには、賃貸だからといってあきらめるワケにはいきませんよね!

 

モノの置いていると危険な場所がある!

建物の構造に手を加えなくても、地震の被害から身を守るにはどうすればいいのでしょうか?

 

とても難しいように思うかもしれませんが、実はすぐにできることがあるんです。

それは…

 

モノの置く場所を気を付けること!

これだけで、地震の被害を少なくすることができます。

 

実は、モノを置いていると災害時に危険な場所があるんです。

その場所にモノを置かないようにするだけ♪

 

なんです^^

 

モノを置くと危険な場所 1:家具の上

高さのある家具の上って、スペースに余裕があります。

なので、たまにしか使わないモノをつい置いてしまいたくなりますよね^^;

 

でもこの場所にモノを置いていると、地震が起きたとき、揺れで家具の上からモノが落ちてきます。

これが原因でけがをしたり、最悪の場合命を落とすことも…

 

それを防ぐためにも、家具の上にはモノを置かない方がいい!

というワケなんです。

 

モノを置くと危険な場所 2:床

床も安全面を考えると、要注意の場所!

床にモノを置いていると、地震のときに通路をふさいでしまいます(>_<)

 

通路をふさぐと外へ避難できなくなってしまいます。

それが原因で、逃げ遅れて命を落とす結果につながるかもしれません。

 

そうならないためにも、床にはモノを置かないようにしましょう。

 

 

ちょっとしたことですが、地震から身を守るためには、モノを置く場所を考えるのがとっても大切なんです。

 

賃貸のように建物の構造に手を加えられない家なら、モノの置く場所を変える!

これだけで、地震の被害を少しでも軽減することができます^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*