衣替え時に知っておきたい 衣類収納の「鉄則」

衣替えシーズンになり、気になるのが衣類の収納方法ですよね。

 

そこで今回は、

とりだしやすくしまいやすくなる、衣類収納の「鉄則」をご紹介いたします。

 

引き出しの収納は 立てて収納

引き出しの衣類は、引き出しの高さに合わせてたたんで立てて収納しましょう。

 

なぜ、このようにするのか?

というと…

 

いちばんの理由は、

衣類を重ねて収納すると、いちばん上にあるモノは見えるので、何が入っているのかわかるのですが、それより下にあるモノは見えないので、何が入っているのかわからなくなります。

 

それによって、どれだけの数の洋服が引き出しに入っているかがわからなくなる!

という欠点も・・・

 

そしてもうひとつ、

上にあるモノは取り出しやすいのですが、下にあるモノが取り出しづらいのも難点です(>_<)

 

それを解消するのが、

「立てる」収納

 

立てて収納することで、どんな洋服がどれだけあるかがすぐにわかるようになります。

さらに、取り出すときもどの洋服もすぐに取り出せます。

 

衣類の分け方を組み合わせる

衣類を収納するとき、どんな分類をしていますか?

  • アイテム別
  • 人別
  • 季節別

など、いろんな分類方法があります。

 

洋服を収納するときは、これらの分け方を組み合わせて収納すると、取り出したりしまうとき使いやすい収納になります。

あと、散らかりにくくなるというメリットも^^

 

ちなみに我が家のクローゼットは、このような組み合わせで収納しています。

 

 

衣類カバーを使って、シーズンオフの洋服を、

  • 夫はグリーン
  • 私はピンク

と色分け

 

今着る洋服にはカバーを掛けず、すぐ使えるように収納しています。

 

・・・ということで、我が家のクローゼットは、

人×季節別 収納というワケです^^

 

衣類収納の鉄則どおりに収納すると、散らかりにくい収納になります。

衣替えを機に、収納を見直して洋服を取り出しやすく使いやすくしましょう!

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*