食器の数 ホントのところどれだけ必要?

料理に欠かせないのが、食器ですよね。

作った料理を食器に盛り付けるのも、料理の楽しみの一つです。

 

そして食器には、お茶碗やお皿・湯飲みなど、種類もいろいろ

 

特に賃貸住宅は、どうしても収納場所が少ないです。

 

なので、

「食器棚に食器が入らない~(>_<)」など、

食器の収納は悩みが尽きません。

 

食器棚が小さくても、使っている食器が収納できるようにしたい!

と思いますよね。

 

食器の収納も、もしかすると…

こんな「思い込み」が、食器棚を食器でいっぱいにしてるかもしれません。

 

同じ種類の食器は 絶対に5客必要なのか?

ギフトで販売されている、コーヒーカップや湯飲みのセット

洋食器なら6客(枚)組、和食器なら5客(枚)組で販売されていることが多いです。

 

食器のセットがこの数で販売されてるので、

「食器の数は、5個か6個ないといけない!」

と思っていませんか?

 

でも、この一種類につき5~6個あることが、食器棚に食器が入らない原因かも!?

知らず知らずのうちに、必要以上の数の食器を持っているかもしれないんです。

 

食器の数は人数に応じた数があれば大丈夫

セットで売られている食器が5客や6客なのは、販売する側の都合でそうなったよう

 

ということは…

使う側からすると、必ずしも5~6個である必要はないんです。

家族の人数に応じた数の食器だけあれば、食器を使うときに困らないですよね。

 

例えば、我が家は2人家族

 

なので、食器は一種類につき2個、

お客様が来る頻度や人数を考えると、3個くらいあれば事足りています。

麺類を食べるときに使うラーメン鉢は、買い替えたとき3個にしました。

なので我が家の食器の数は、一種類につき5~6個ではないんです。

 

すべての食器が2~3個ずつというワケではありませんが、使う頻度や来客の数に応じて食器の数を変えています。

こうすることで、無駄に食器を持つことがなくなり、食器棚のスペースに余裕が出てきました。

 

 

スペースに限りのある賃貸住宅

 

食器の数は「これだけないとダメ!」という気持ち

これをちょっと変えてみるだけで、使いたい場所に使いたいモノを置けるようになります^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*