乾燥する季節に マスクもローリングストックで常備

秋の深まりが感じられる最近

 

夏のジメジメした気候とは一転

秋〜冬にかけて、乾燥した日が多くなります。

 

それと同時に、朝とお昼の寒暖差が大きいのも今の季節の特徴

そうなると、どうしても体調を崩しやすくなりがちです。

 

私も体調を崩さないよう気をつけています。

仕事などで外出する機会も多いので、外出先で風邪をもらわないように、冬場にかけては電車でマスクをするようにしています。

 

マスクは、仕事の現場ですることもあるので、私にとっては必需品!

ということで、我が家ではいつもマスクをスタンバイ

ちなみに、今我が家にあるマスクの数は

約50コ

 

「え~っ!そんなにもあるの!?」

と思われた方もいらっしゃると思います。

 

マスクは、普段使う量からすると、実はこんなにも必要ないんです。

それでも、マスクをこれだけ常備するのには、こんな理由があるからなのです。

 

マスクをたくさん常備するようになったのは…

マスクをこれだけ常備するようになったのは、

2009年に、新型インフルエンザが流行したときから

 

あのとき、マスクを必死に買い集めた記憶がありませんか?

そのとき、インフルエンザが流行したときどれだけのマスクが必要か調べると、家族2人で50コほど準備しておいた方がいいとのことでした。

 

当時流行したのは、それほど重症化するインフルエンザではありませんでしたが、新型インフルエンザはいつ流行するかわかりません。

 

そこで、今後新型インフルエンザが流行したときにも大丈夫なように、マスクを常備!

というワケです。

 

マスクを使いながら常備する

マスクを常備しているのはいいのですが、新型インフルエンザが流行する確率は、普段の生活からすればかなり低いですよね。

 

ということは、マスクは万が一のために常備しているモノ

使わないまま長い期間置いておくと、マスクとは言え徐々に劣化していきます。

 

でも、いざ使う時に使いたいモノが使えないのは困りますよね^^;

ということで、マスクを使いながら常備しているのです。

 

使いながら常備・備蓄することを、

ローリングストック

と言います。

 

この方法で備蓄すると、使いながら必要な量を確保できるので、

  • いざというときも普段使っているモノを使うので、「災害用」として備蓄する必要がない
  • 賞味期限が切れるなどの心配がない

というメリットがあります。

 

ちなみに我が家では、災害の備蓄もローリングストックしています。

非常時にこそ、普段使っているモノがあると安心です^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*