写真を整理すると 自分の大切なものが見えてくる

これまでずっとできなかった、写真の整理をしました。

 

写真以外のほぼすべてのモノは整理できたのですが、写真だけはどうしても整理する気持ちにはなれず…

 

最初は、

「これまでの思い出の証である写真を大切にしたい。たぶん写真整理をすることはないだろう。」

と考えていました。

 

でも時間が経つにつれて、

「写真をそのままにしておくのは嫌だな」

と思うようになりました。

 

写真整理のきっかけは…

その理由の一つが

DSCF7383

アルバムがボロボロになってきたこと

 

画像のアルバムは、生まれてから4~5歳くらいまでの写真が収められているものです。

 

これまでアルバムを見過ぎていたのか、管理が悪いのかはわかりませんが^^;

背表紙を製本テープで貼るなどの応急処置をしても、どうにもならないくらいボロボロになってしまいました。

 

この状態をなんとかしたいと思い、改めて写真を見返したところ、

「この写真を全部置いておく必要はないんじゃないか?」

と思うようになり、写真整理をすることにしたワケです。

 

今回は、生まれてから結婚するまでの写真を整理しました。

結婚後の写真は夫と私の2人分の写真が収められているので、それに伴って課題もあります。

 

今は、

「自分の整理できるモノ」

ということで、結婚するまでの写真にしました。

 

結婚するまでの写真が収められたアルバムは

DSCF7382

実はこんなにもありました。

 

写真を整理するにあたって決めたこと

そして、写真を整理するとき、

一つのテーマを持って臨むことにしました。

 

それは、

「開いて楽しくなるアルバム」

 

それなりの期間を生きてると…

 

見返すと楽しい写真♪ もあれば、

イヤなことを思い出す写真^^; もありました。

 

今回の写真整理のテーマは「開いて楽しくなるアルバム」

ということなので、イヤなことを思い出す写真はすべて処分することにしました。

 

そして卒業アルバムも、大学の卒業アルバム以外はもう見ることがないだろう!

と思い、こちらも処分することに

 

写真整理して起きた変化とは…

そして、写真を整理していると、あることに気づきました!

 

それは、

「私が大切にしていること」

 

大切にしていることはいろいろあるのですが、私がいちばん大切にしているのは

  • 家族

なんだということがハッキリしました。

 

なぜそれに気づいたのかというと…

残した写真、特に小学生に入るまでの写真が家族と映っているものが圧倒的に多かったこと

 

例えば、こんな写真

DSCF7400この泣いている写真はさておき^^;

その下の文字を残したいと思ったのです。

(赤字は父、その下の黒字が母の文字。こんなところで両親からの愛情を感じます。)

 

そして小さい頃、いろんなところに連れていってもらったのがうれしくて楽しかったんだなぁということを思い出しました。

 

いつどこに行ったのかを書いた文字を残したいのと同時に、色褪せてしまった写真をそのまま残したいと思いました。

 

色褪せた写真をよみがえらせるサービスもありますが、そのままの方がいいなと思ったからです。

 

そして、あれだけあった写真は

DSCF7399

アルバム2冊になりました!

どの写真も楽しくなるものばかりです。

私の家族ならではの面白い写真も残してみました(笑)

 

写真整理をしてみて感じたのは、

  • やっているうちにどんどん楽しい気持ちなったこと

この気持ちの変化がいちばんの驚きでした!

 

写真を整理した今は、心が軽くなり幸せな気持ちでいっぱいです。

 

結婚後の写真の整理は、もう少し後かな?

こちらも楽しい写真ばかりになるようにしたいです^^

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*