考えるのは年に一度!年賀状の整理と保管

年が明けてもうすぐ一週間

年賀状が届くのも、そろそろ終わりに近づいてきています。

 

今はメールやSNSでの新年のご挨拶も増えて、年賀状をもらう枚数も減ってきてますが…

年賀状はもらうとうれしいですよね^^

そしてこの時期に気になるのが…

もらった年賀状をどのように保管するのか?

 

「どれくらいの期間保管すればよいかわからない…」

と、年賀状って、保管に困ってしまうモノの一つ

 

 

では、どんな基準で保管すればいいのでしょうか?

 

どうして年賀状を保管するのか?

もらった年賀状

どうして置いているか考えたことがありますか?

 

もらった年賀状をとっておく理由は、

  • もらったものだから何となく捨てづらい
  • 来年 年賀状を書くのに必要

といったところですよね。

 

まず、

  • もらったものだから何となく捨てづらい

 

この理由で年賀状を取っておくと…

いつまでも年賀状を捨てられず、年賀状がたまる一方です。

 

年賀状は新年の挨拶として送るもの

自分が送る側の思いで考えてみてください。

 

送った年賀状を、

「何年も大事にとっておいてほしい!」

という思いで送っていないのではないでしょうか?

 

ということは、ご自身に届いた年賀状も送り主の方は、

「何年も大事にとっておいてほしい!」

という思いで送っていないんじゃないか? と思うんです。

 

なので、もらった年賀状を何年もとっておく必要はないワケなんです。

 

我が家の年賀状の保管期限

では、我が家では年賀状をどのように保管しているのか?

 

というと…

基本は、去年の分を残すだけにしています。

(去年は喪中だったので、今年に限り一昨年の分も置いてました。)

 

なぜ、去年の分だけにしているのかというと、

 

我が家では、毎年年賀状を出す人がほぼ決まっています。

 

そのため、年賀状を見るのは、

  • 年賀状を出す人の住所が変わっていないか
  • 住所の間違いはないか

これをチェックするためです。

 

そして、それをチェックするのが、

  • 年賀状を出すとき
  • 年賀状をもらったとき

この2回

 

住所をチェックする以外、特に年賀状を保管しておく理由がありません。

なので、翌年の年賀状をもらった時点で、前年の年賀状を処分するようにしています。

 

年賀状を保管する基準を決める

我が家では、年賀状の保管期限は一年です。

でも、これが誰にでも当てはまるというワケではありません。

 

年賀状の保管期限は人ぞれぞれ

もう少し長い期間でも構いません。

 

でも、あまり長い期間保管すると、それだけでモノが増えてしまう原因になります。

ですので、保管期限は長くても3年までがおススメです。

 

ただし、例外もあります。

  • 結婚報告
  • 出産報告

といった、お祝い報告を兼ねた年賀状

 

もし、その年賀状を送ってくださった方に特別な思い入れがあるのなら、その年賀状は、ご挨拶ではなく思い出のモノになります。

 

そのような年賀状は、無理に処分する必要はありません。

もう必要ない!

と判断した時に処分すればOKです。

 

これまで処分しづらいと思っていた年賀状も、

  • 持っている目的
  • 保管期限

これを決めるだけで、年賀状の管理も楽になります。

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*