使う頻度で収納する場所を見直してみる

押入れ掃除するついでに、収納をちょっと見直し

 

何を見直したのか?

というと・・・

 

お客様用のふとん!

 

今の家に住むようになってから、家族や友人との距離が近くなったので、お客様用布団を使うことがほとんどなくなりました。

 

要らないかな~

と思うこともありますが…

 

今のところ、年に一度くらいのペースで使っているので、処分せず置いています。

 

しかし、問題はその置き場所

これまでは、押入れの下段に入れていました。

DSCF7311

この場所でもいいかな?

と思っていたのですが…

 

ほとんど使っていないモノ、を比較的取り出しやすい場所に入れておくのはもったいない!!

と思い、お客様用布団を押入れの天袋に入れることにしました。

DSCF7315

天袋にお客様用ふとんを

そして、天袋に入っていた季節家電を、押入れ下段へとチェンジ!!

 

お客様用ふとんより、はるかに取り出す頻度が高い季節家電を収納することによって、家電の入れ替えが楽になりました♪

 

使う頻度によって入れるものを決めていくと、使うとき取り出しやすくなります。

 

  • よく使うモノ:真ん中
  • 時々使うモノ:下段
  • あまり使わないモノ:上段

 

と収納すると、それまで使いづらい収納も格段に使いやすくなります。

 

ふとんを天袋に入れたのはいいのですが…

重さがあるので、使うときは気を付けないと!

ですね^^;

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*