狭いお部屋の収納場所が決まらないとき こんな方法で決めよう!

モノを整理した後は、収納する場所を考えないといけないワケですが…

収納場所を決めるのって、結構難しかったりしますよね^^;

 

お部屋が広ければいいのですが、賃貸などスペースに限りがある場合はそうもいきません。。

 

  • 収納場所って結構迷う…
  • お部屋の使い方がわからない…

 

そんなときは、このようにして収納場所を決めちゃえばいいんです♪

 

使う目的で収納する場所を決める

収納するときの基本は、

「使う場所に使うモノを置くこと」

 

ということは、使う場所が決まれば、自然と使うモノを置くことができるんです。

 

でも、お部屋が広すぎたり特に区切る家具などがないと、収納場所が決めづらかったりします。

 

そこでお部屋を、

  • 食事ゾーン
  • 遊ぶゾーン
  • くつろぐゾーン

 

という感じで、使う目的別に使う場所を決めていくんです。

こうすると、自然と収納する場所が決まってきます。

 

お部屋が狭いときはスペースを区切って考えよう

リビングのように広いお部屋は、使う目的別に使う場所を決めるのは難しくないのですが…

 

狭いお部屋だと、そうもいきません。

 

狭いお部屋だとどうしても、

「ひと部屋に一つの目的」

になってしまいがち

 

でも、スペースに限りがあっても、お部屋をできるだけ有効に使いたいところ

 

そこで、狭いお部屋でも、スペースを区切って考えてみるんです。

スペースを区切ることができると、

「狭い洋室に、クローゼットとワークスペースを作る」

なんてことも夢ではありません^^

 

使う目的がわかるよう区切る

スペースを有効に使うために、ほど楽収納では、

「一つの部屋に、2つ以上の目的を持たせてもいいんじゃないか?」

と考えています。

 

このときのポイントが、

「使う目的がわかるよう区切る」

こと

 

使う目的がはっきりしてると、収納場所が決めやすくなります。

さらに、見やすい収納になるので、使ったモノがちゃんと元に戻るようになってきます。

 

狭いスペースを上手に区切って、お部屋を有効利用しちゃいましょう♪

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック