収納する前に…どこまで細かく分類すればいいの?

モノを収納する前の重要なステップが…

「モノの分類」

 

でも、モノの分類って、

  • どんな風に分類したらいいかわからない…
  • 細かく分類するのは面倒!

 

など、思いのほか悩むところですよね^^;

 

では、どんな風に分類すればいいのでしょうか?

 

分類の種類いろいろ

そもそも、分類にはどんな種類があるんでしょうか?

 

  • アイテム別
  • 人別
  • 使用頻度別
  • 目的別

などなど…

あげてみると、結構種類があります。

 

分類するとき、場所に応じて分類を使い分けます。

これを、1種類だけでも2種類以上組み合わせて使ってもOK!

 

使いやすさを求めて、分類していきましょう^^

 

はじめはざっくりの分類でOK!

分類の種類がわかったところで…

実際に分類する際のポイント!

 

最初の分類はざっくりでも大丈夫(^^)v

 

例えばキッチンなら、

  • 調理器具
  • 食器
  • 食品

といった感じで分類します。

 

ざっくりとした分類がわかりづらかったら…

はじめの分類はざっくりとた分類でOK!

なんですが…

 

それでは、正直わかりづらいことも^^;

そんな場合は、さらに細かく分類しましょう。

 

 

先ほどざっくりと分類したキッチンのモノ

その中の調理器具をさらに、

  • おたま
  • ボール
  • フライパン

などといった感じで分類します。

 

というワケで、

大分類

 ↓

中分類

 ↓

小分類

で分類していくと、よりわかりやすく収納できるようになります(^^)v

 

「ざっくり分類」「細かい分類」を決める基準は?

この分類、

「どこまで分類すればいいの?」

と結構悩むところですよね^^;

 

そんなときは、

  • どれくらいの分類がストレスを感じないか

で分類の細かさを決めてみましょう。

 

  • ざっくりな分類
  • 細かい分類

それぞれメリットがあります。

 

この分類の細かさは、

  • 使う場所
  • モノの大きさ
  • 使う人

によって違ってきます。

 

なので、

「この場所はざっくりした分類の方が使いやすいな~」

「この大きさのモノを収納するには、細かく分類した方がいいかも!?」

 

など、使う場所や人に合った分類をするのがおススメ!

 

場所によっては、

「細かい分類の方が使いやすいかも!?」

ってことがあるかもしれませんよ~

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。


お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*