引っ越し先でもずっと使いたい!衣装ケースのサイズの選び方

衣類を収納する衣装ケース

さまざまなメーカーから衣装ケースが発売されてます。

 

衣類の収納や保管に、衣装ケースは欠かせないアイテム

でも、

「引っ越したら、前の家で使っていた衣装ケースが使えなくなった…」

なんてことはありませんか?

 

できれば、引っ越しても長く使える衣装ケースを持ちたいですよね。

 

衣装ケースはサイズ選びが重要

衣装ケースを買うとき、いろんなサイズがあるので迷うところ

 

よく販売されているサイズは、以下のとおり

奥行き:53cm、74cm

幅:39cm、44cm

高さ:18cm、23cm、30cm

 

よく販売されているサイズでこれだけあるのですから、迷うのも無理はありません^^;

 

そして、衣装ケースを置く場所は、クローゼットや押し入れですよね。

 

この収納の奥行きは…

クローゼットは60cm、押し入れは80cmで作られてます。

 

賃貸に住んでいると、引っ越すことを前提に買うモノを考えますよね。

 

ということは、これまでは収納が押し入れだったけど、引っ越したらクローゼットだった…

ということもありうるワケなんです。

 

ということで、押し入れサイズ 奥行き74cmの衣装ケースだと、クローゼットには収まりません。

なので、クローゼットサイズ 奥行き53cmのものを買うと、引っ越し先の収納が押し入れでも衣装ケースが収まります。

 

そして幅は、収納場所に収まって収納の扉などに干渉しない39cmを選ぶと、引っ越し先でも衣装ケースが長く使えます。

 

高さは20cm前後のものが、使うときに衣類が取り出しやすいです。

 

スペースにゆとりがあるサイズの方が長く使える

奥行き53cmの衣装ケースを押し入れに入れると、収納場所が余ります。

「余った場所がもったいない!」

と思いませんか?

 

でもこの場所は、あえて何も置かない方がいいんです。

それは、もらいモノや預かったモノなど、急に増えるモノを置く場所として使うことができるから

 

場所が余ってもったいないように思うかもしれませんが…

衣装ケースは少し小さめのサイズを選ぶ方が、引っ越し先でも収納に収まって長く使うことができます。

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター
限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!
「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。

お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*