浴室には「吊る収納」 そこにたどり着いたのは?

結婚して以来、歴代の家でず~っと使い続けていたのが

浴室にある、シャンプーや石けんを置くディスペンサーラック

賃貸住宅には、ディスペンサーや石けんを置く棚がないことが多いので、ごく当たり前のように使っていました。

 

このディスペンサーラックは、大きさもちょうどよく、デザインもシンプルなので、使い勝手はいい方だと思っていたんです。

 

でも、これはこれで、メンテナンスが面倒感じるように…

  • 浴室を掃除するのに、毎回ラックをよけて掃除しないといけない
  • ラックをマメに掃除しないと、すぐにカビが生える

 

次第に、ディスペンサーを他のタイプにした方がメンテナンスしやすいのではないか?

という思いが強くなり、違うタイプのディスペンサーラックを探すことになりました。

 

「使いづらい」からたどり着いた吊る収納

そして、いろいろ検討した結果、

たどり着いたのが…

吊る収納

 

と、ここまでは良かったのですが、目的に合ったラックがなかなか見つからず…

ようやく見つかったのが、こちらのシャワーラック

dscf7746

コーナンで他のモノを探していたところ、普通に売っておりました(笑)

シャワーラックは、シャワーヘッドのフックにかけて使います。

 

ラックのいちばん上に、シャワーヘッドを掛けられるので、座ったまま体を洗ったりできます。

 

ということで、シャワーラックを設置する前はこちら

Before

dscf7743

床置きしているディスペンサーラックと、右手のタオル掛けにお風呂掃除の道具と洗顔で使う泡立てネットを置いているのが気になって仕方がありませんでした(-_-)

 

After

dscf7747

左手のシャワーラックには、シャンプーや石けん・泡立てネットを

右手のタオル掛けには、掃除道具をまとめました。

 

場所別に使うモノを一緒にまとめると、モノの住所が決まって、使いたいモノを見つけやすくなります。

 

浴室を吊る収納にしたのは…

そして、吊る収納にこだわったのには理由があります。

 

掃除の手間を省くため

これまでは、掃除のたびディスペンサーラックをよけて掃除をしていました。

ディスペンサーラックは毎日掃除をしないので、これがとても面倒に感じていたのです^^;

(浴室のイスや洗い桶は、毎日洗ってます)

 

シャワーラックに変えてからは、掃除のたびラックをよける手間が省け、掃除時間が短くなりました。

少しのことですが、朝の忙しい時間にこの時間の短縮はとても大きいです。

 

衛生面

浴室は、水分や湿気が多い場所

そのため、床や壁に接していると、水分や湿気が残ってしまい、それがカビの原因になります。

 

これまでのディスペンサーラックは、床に接している場所があるので、どうしてもカビが生えてしまいます。

それに対してシャワーラックは、モノが床に接していないので、カビの発生を抑えることができます。

 

 

そんな理由で、浴室を吊る収納にしちゃいました!

 

 

シャワーラックに変えてから、床に置くものが少なくなったからか、浴室が広く感じるようになりましたよ♪

この記事を書いた人

程野 由里子
程野 由里子ほど楽収納サポーター

限られたスペースでも、ほどほどに整理収納で暮らしがが楽しくラクになる!

「ほど楽収納」をコンセプトに、賃貸・中古住宅でも頑張りすぎずにできるお部屋作りをサポートしています。



お申込み・お問い合わせはこちらまで

整理収納サービス・整理収納セミナー等に関して、疑問・ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
お申し込みも承っております。

【電話】
090-3670-5485  受付時間 9:00-18:00 (日・祝日除く)
【メール】
下記の「メールでのお申込み・お問い合わせ」ボタンをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*